加盟医院様の声

「ママとこどものはいしゃさん」グループに
加盟されている歯科医院様の声をご紹介します。
加盟までの経緯や加盟後に感じた変化など、
加盟院様ならではの経験をお聞きください。

医療法人光翔会 石川歯科医院
(ママとこどものはいしゃさん山口宇部院併設)

「ママとこどものはいしゃさん」のロゴを看板に使用したところ、お子様連れの患者様が明らかに増加しました。自院のブランド力の高まりを感じています。また、予防のため定期的に通院されている患者様も多く、予防歯科の重要性が地域の皆様に広がりつつあることが嬉しいです。また、医院拡張、チェアー増設のきっかけにもなりました。

医療法人愛北 オーク歯科クリニック
(ママとこどものはいしゃさんイオンモール釧路昭和院併設)

「ママとこどものはいしゃさん」という名称に惹かれ、加盟を決意しました。お悩みやご要望など何でも気軽に話せる雰囲気になり、小児矯正を希望される方もたくさん来院されています。同時に審美歯科に興味を持たれるママも。クリニックの名前やブランドが如何に大切かを、改めて実感しています。

つくし歯科
(ママとこどものはいしゃさん船堀院併設)

ママとこどものロゴ効果により小児矯正の希望患者様がコンスタントに増え、月に5名以上契約が取れるようになりました。それに伴い月200万円以上、自費が向上しました。また、リコールの患者さんも増え、医院が更に活気づいてきて嬉しいです。

ママとこどものはいしゃさん神戸院

小さなお子様と通われる患者様が多いため、予防歯科と矯正治療の重要性を伝える機会が増えました。小児歯科と思われがちですが、実はお母さんのための歯科医院でもあることから、ホワイトニング、セラミック希望の患者様が多いです。地域の方に予防や矯正、ノンアレルギー素材の大切さを伝えることができて、大変うれしく感じています。また、看板設置後3年で、すでに医院拡大の必要性が出てきて、現在計画を練っている最中です

ママとこどものはいしゃさん三木院

ママとこどものはいしゃさんという名前で新規オープンしました。予想通り、ママと子ども以外の患者層も多く来院されました。内覧会では325名来院いただき、153名のご予約をいただきました。小児矯正も初月で15名の契約が入り、開院2ヶ月目で自費は700万円あがりました。補綴物もほとんどの方が、セラミックを選ばれております。
開院2年目で自費率60%以上、年商8000万円以上を達成。現在3年目に入り、スタッフ・歯科医師含む4名で、レセプト枚数600枚以上の高い生産性を保っております。

グループ本部としての総括

例えば「インプラントといえば〇〇歯科の〇〇先生」というように、院長の技術だけで地域に有名な医院がありますが、万が一のことを考えると、これはリスクでしかありません。
院長がもし倒れたら? その治療は代診ができるのか? その後の経営は?
考えただけでも不安になります。「ママとこどものはいしゃさんといえば〇〇歯科」と地域に認識されることは、院長ひとりに依存せずに安定をもたらすことに繋がるのではと考えております。